法律相談例


交通事故・・・人身傷害保険金の取り扱いは?

 バイクを運転中自動車と衝突して大怪我をしてしまいました。幸いにして人身傷害補償保険に加入していたので、治療費等はそれで賄うことが出来ましたが、人身傷害補償保険で賄えなかった損害については加害者に損害賠償請求訴訟を起こそうと思っています。今回の交通事故においては私にもスピードの出し過ぎという過失があったのですが、訴訟を起こした場合、受領した人身傷害保険金はどのように扱われるのでしょうか。

交通事故・・・人身傷害保険金の取り扱いは?

 交通事故をめぐる損害賠償請求訴訟においては、予め加害者から一部弁済を受けていたり、自賠責保険から賠償額の支払を受けていたりした場合等には、その額を賠償額から控除する、いわゆる損益相殺がなされます。また、損害賠償請求訴訟においては、被害者に過失があった場合には過失相殺がなされますが、過失相殺と損益相殺が競合した場合、通常、まず総損害額を算出し、そこから過失相殺を行って、過失相殺後の残額から損益相殺がなされます。相談者が受領された人身傷害補償保険金も損益相殺の対象となります。人身傷害補償保険は自動車保険(任意保険)の一つですが、大要、交通事故の被害者となった場合に、自身の過失の有無を問わず、契約の保険金額の範囲内で実際かかった治療費や休業損害等の損害額が支払われる保険です。人身傷害保険で支払われる保険金額は保険会社の約款記載の基準に従って算出されます。そして、この約款記載の基準に従って算出された保険金額は、訴訟提起した場合に裁判所が算定する、いわゆる裁判基準額よりも低額であるのが通常です。

そのため、被害者は、予め人身傷害補償保険金の支払を受けていても、保険金額と裁判基準額との差額の支払いを求めて加害者に対して訴訟提起することが多いようです。

 ご相談の点について、上記の通り、人身傷害補償保険金が被害者の過失の有無を問わず支払われるものであることに起因して、被害者が予め人身傷害補償保険金を受領しており、かつ、被害者にも過失がある場合、どの範囲で損益相殺がなされるのか(=どの範囲で保険会社が保険代位できるのか)については従来から様々な見解が主張されており実務上も明確な基準が確立していなかったのですが、近時、この点について判断をした最高裁判例が出ました。すなわち、最判平成24年2月20日は、被害者に人身傷害保険金を支払った保険会社は、「保険金請求権者に裁判基準損害額に相当する額が確保されるように,上記保険金の額と被害者の加害者に対する過失相殺後の損害賠償請求権の額との合計額が裁判基準損害額を上回る場合に限り,その上回る部分に相当する額の範囲で保険金請求権者の加害者に対する損害賠償請求権を代位取得すると解するのが相当である。」と判示しました。

非常にわかりにくい言い回しですが、要は、 予め人身傷害保険金を受領していた場合、当該保険金は、まず過失相殺された金額部分に優先的に充当され、残額についてのみ損益相殺の対象となるということです。例えば、被害者の総損害額が3000万円、予め受領していた人身傷害保険金が1500万円、2割の過失相殺がなされるとした場合、保険金1500万円から過失相殺がなされる600万円(3000万円×0.2)を控除した残額900万円について、過失相殺後の2400万円から損益相殺されるということになります。結局、被害者は加害者に対し1500万円損害賠償請求できるということになります。この考え方はいわゆる訴訟基準差額説といわれる考え方ですが、この最高裁判決によって、上記の論点に一応決着がついたといえます。